俄 NIWAKA

「11ぴきのねことへんなねこ」

作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社


おはなし
11ぴきのねこが魚釣りをしていると、水玉模様のへんなねこが通りかかります。ある日、そのへんなねこが葉っぱを拾い集めているのを見かけて後をつけてみると…。へんなねこを手伝ったり、たくさんの魚を獲ってもらったり、花火を上げたり、ねこ達が次から次へといろんな出来事を繰り広げます。


感想
11ぴきのねこが料理をしたり、葉っぱを家に張り付けたりと、ねこ達のユニークな表情を見ているだけで楽しめます。特に花火のシーンは賑やかで圧巻です。またねこ達がへんなねこに魚をもらって「いいひと」という打算的なところや、面白そうなものにすぐ飛びつく様子も可愛くて憎めません。そしてもしかしたら、へんなねこがそれを利用しているのかもしれないと思えるのも、大人がこの絵本を魅力的に感じるポイントです。



homeTOP
lightbulb世界の子どもたちへ
note2絵本の紹介
gemPLEDGE COLLECTION

Copyright © NIWAKA corporation