俄 NIWAKA

「にじ」

文:さくらい じゅんじ
絵:いせ ひでこ
出版社:福音館書店


おはなし
「虹に近づいていって、さわってみたい! 」「裏側から見たら、どう見えるんだろう?」「まよこから見たら、1本の帯に見えるのかな!?」見事な虹を見ていると、こんな疑問がわいてきます。噴水のある公園に行って、実験してみましょう。高く上った噴水に日が当たると、虹が見られるからね。さあ、噴水の回りをまわって、横から、裏から見ると?…


感想
どうして「にじ」ができるのか、「にじ」が見える時の法則をわかりやすく解説してくれています。科学絵本ですが、いせひでこさんの絵で「にじ」という幻想的なテーマを美しく表現しているので、大人も楽しめる絵本です。虹をいろいろな角度から見たら…虹を自分で作ってみよう…などこどもが楽しみながら興味を持つことのできる1冊です。



homeTOP
lightbulb世界の子どもたちへ
note2絵本の紹介
gemPLEDGE COLLECTION

Copyright © NIWAKA corporation