俄 NIWAKA

「しんせつなともだち」

作: 方軼羣
(ふあんいーちゅん)
絵: 村山知義
訳: 君島久子
出版社: 福音館書店


おはなし
雪が降り積もる冬、食べる物がなくなった子うさぎは、食べ物を探しに出かけて2つのかぶを見つけます。ひとつを食べ、もうひとつは同じようにお腹をすかせているろばに届けますが、留守だったのでそっと置いて帰りました。さつまいもを手に入れて家に帰ったろばは、かぶを見つけて考え、今度はかぶを子やぎに届けることに…。友達への思いやりをのせたかぶが、動物を巡り子うさぎに戻ってくる物語です。


感想
寒い冬の日にぴったりな静かな絵の中で、かわいい動物が友達を思いやる優しさにほっと心が温まります。かぶを見つけた動物が「どこからきたのか」と考え、次の友達へかぶを持っていく繰り返しは、小さな子どもたちでも楽しく、また親切は巡りめぐって帰ってくるという教えが自然と伝わるおはなしになっています。



homeTOP
lightbulb世界の子どもたちへ
note2絵本の紹介
gemPLEDGE COLLECTION

Copyright © NIWAKA corporation