俄 NIWAKA

「およぐ」

作: なかの ひろたか絵: なかの ひろたか出版社: 福音館書店


おはなし
いぬや、ねこ、動物たちはみんないぬかきで泳ぐけど、でもなぜ泳げるのでしょう?それは体が水に浮くからです。人間も動物も体の中に浮き袋をもっていて、ふくらんだ風船が水に浮かぶのと同じように水に浮きます。水を顔につけて・・・。
体を横に伸ばして・・・。泳ぎの理論をわかりやすくひも解いたおはなしです。


感想
この絵本の魅力は、なぜ水に浮くのかという科学的なアプローチから、スイミングスクールのレッスンのように泳ぐことを手取り足取り教えてくれる絵本です。水の中の様子も臨場感いっぱいに描かれているので、泳ぐということに興味を持ち、水を怖がる子どもも思わず水に入りたくなってしまう、そんな泳ぎ方を楽しく学べる絵本です



homeTOP
lightbulb世界の子どもたちへ
note2絵本の紹介
gemPLEDGE COLLECTION

Copyright © NIWAKA corporation