俄 NIWAKA

「おおきなかぶ」

作: A・トルストイ絵: 佐藤 忠良訳: 内田 莉莎子出版社: 福音館書店


おはなし
おじいさんが甘い大きなかぶを作ろうとかぶを植え、とっても大きなかぶができました。おじいさんは「うんとこしょ どっこいしょ」とかぶを抜こうとしますが抜けません。おばあさんを呼んできて手伝ってもらいますが、それでもかぶは抜けません。おばあさんが孫を呼び、孫が犬を呼び、犬が猫を呼び、みんなで力を合わせて引っ張り・・・


感想
大きなかぶをみんなで力を合わせて抜くという単純な物語の中に、大らかさ、力強さ、ユーモアなどが満ちあふれ、ロシア民話の楽しさが味わえます。この絵本の魅力は、なんといっても繰り返しの楽しさで、何度も何度も「うんとこしょ、どっこいしょ」という掛け声があるおかげで、まるで自分も一緒にかぶを引っ張っている気分になります。テンポがよく、読み手と聞き手の一体感が楽しめ、みんなで助け合ってひとつのことを成し遂げる素晴らしさを学ぶことが出来る絵本です。



homeTOP
lightbulb世界の子どもたちへ
note2絵本の紹介
gemPLEDGE COLLECTION

Copyright © NIWAKA corporation