俄 NIWAKA

「はらぺこあおむし」

作: エリック=カール
訳: もりひさし
出版社: 偕成社


おはなし
ある夜、葉っぱの上に、1つの小さなたまごが生まれました。たまごからかえった1匹のあおむしは、お腹がぺこぺこ。その日から、あおむしは食べ物を探します。月曜日、りんごを見つけました。火曜日、なしを見つけました。水曜日も、木曜日も、金曜日も食べ物を見つけて食べました。土曜日、あおむしは沢山たくさんごはんを食べました。食べすぎて、ちょっとお腹が痛くなったけど、あおむしはとっても大きな、太っちょあおむしになりました。やがて、あおむしはさなぎになりました。さて、はらぺこだったあおむしは、どんな姿になって、もういちど私たちの前に現れてくれるのでしょうか…。


感想
「たまご→幼虫→さなぎ→蝶」という自然のサイクルや、数、曜日も自然と学べる要素もあり、あおむしが食べ物を食べたところに丸い穴を開けるというしかけをこらした斬新な絵本です。コラージュや鮮やかな色使いでとても美しいく表現されているので、絵を描くことが好きな子にもおすすめです。



homeTOP
lightbulb世界の子どもたちへ
note2絵本の紹介
gemPLEDGE COLLECTION

Copyright © NIWAKA corporation